Journal

Inspiration

Inspiration

  5月25日土曜日のawanmarketの温かい余韻に浸る間もなく、地域の一斉草刈りや日本ミツバチの分蜂群捕獲に追われた慌ただしい日曜日。そして迎えた本日月曜日は、各パートナー店舗様のために焙煎し、納品する日。皆の思いや課題に向き合いながら、自分の出来ることと出来ないことを改めて整理し、より良い形を目指し続ける。自然に根ざした暮らし。そこから得るインスピレーション。それは僕にとっての原動力であり、安らぎの場所でもある。それは決して同じ場所に留まることを許さず、変化し続ける環境や、それに関わるすべてのものとのせめぎ合いと融合。色々と詰め込んだ一日。出来なかったことはやりたかった事をやりつくした結果であることは幸せなことだろう。パートナー店舗の方々との会話からも様々なヒントを得ることがある。彼らの情熱や努力、その笑顔が、僕にとって何よりの励みだ。彼らのために、自分ができる最善を尽くすことも、僕の一つの使命だと感じる。日が暮れる前に帰宅して、愛犬の楽と散歩する。草刈りを終えた里山はとても美しいけれど、今がピークの蛍は留まるところを失って困っているかな。自然と共に生き、人々と共に歩む日々。Photo by @takoyakirinya

Inspiration

  5月25日土曜日のawanmarketの温かい余韻に浸る間もなく、地域の一斉草刈りや日本ミツバチの分蜂群捕獲に追われた慌ただしい日曜日。そして迎えた本日月曜日は、各パートナー店舗様のために焙煎し、納品する日。皆の思いや課題に向き合いながら、自分の出来ることと出来ないことを改めて整理し、より良い形を目指し続ける。自然に根ざした暮らし。そこから得るインスピレーション。それは僕にとっての原動力であり、安らぎの場所でもある。それは決して同じ場所に留まることを許さず、変化し続ける環境や、それに関わるすべてのものとのせめぎ合いと融合。色々と詰め込んだ一日。出来なかったことはやりたかった事をやりつくした結果であることは幸せなことだろう。パートナー店舗の方々との会話からも様々なヒントを得ることがある。彼らの情熱や努力、その笑顔が、僕にとって何よりの励みだ。彼らのために、自分ができる最善を尽くすことも、僕の一つの使命だと感じる。日が暮れる前に帰宅して、愛犬の楽と散歩する。草刈りを終えた里山はとても美しいけれど、今がピークの蛍は留まるところを失って困っているかな。自然と共に生き、人々と共に歩む日々。Photo by @takoyakirinya

旅の記憶と今日の記録

旅の記憶と今日の記録

本日ロースタリーに来てくれたお客さまさっぱりとした、いかにも好青年 ひとしきりコーヒー豆の説明をしつつ「どこから来たのですか?」と聞くと『バンで日本一周の旅の途中なんです』とのこと。 スマホで見せてくれた車内は板張りで清潔感があり快適そう。旅に出て既に半年、このまま放浪して海外まで行きたいのだとか。「羨ましいなぁ。それが選択肢として出来ることならやるべきって話だよね。いいなぁ~。インスタとかやってますか?」と尋ねると『いいえ、そうしたこととは距離をおき、むしろ携帯もそろそろ手放そうかと』ときたものだからオジサンスイッチ入っちゃって、「俺が若い頃、アジアを旅したときには携帯どころかインターネットもメールアドレスを持っている一部の人がネットカフェで使うかどうか。ロンリー・プラネットととか、地球の歩き方を片手に辿り着いた宿で出会う旅人との情報交換で新たな目的地を決めていたんだよね。それが最近じゃぁインスタでライブ配信しながらサブスクで集金つつの世界一周の旅。いや、それが悪いとは思っていないけど、時代は変わったよね。」お釣り間違えちゃうくらい熱くなり過ぎたなぁという雰囲気のところで、なんとも潔く爽やかに好青年はロースタリーを去ってゆく。「ありがとう!気を付けて!」と声を掛けてから、見送りたい気持ちで外に出ると、年代物の自分で塗装したと思われるバン。いいねぇ~ふと、そのバンの屋根に載っているものに目が留まる。どこかで見たような四角いアンテナ。「このアンテナはなんですか?」と聞くと、『衛星で船の上でもインターネットできるんです。』Costcoで見たスターリンクだぜ。めっちゃハイテク。使っている人に初めて会ったよ。オジサンのノスタルジーがどうあれ時代は着実に変わってる。 良い旅を。いつかまた会えたらいいな。

旅の記憶と今日の記録

本日ロースタリーに来てくれたお客さまさっぱりとした、いかにも好青年 ひとしきりコーヒー豆の説明をしつつ「どこから来たのですか?」と聞くと『バンで日本一周の旅の途中なんです』とのこと。 スマホで見せてくれた車内は板張りで清潔感があり快適そう。旅に出て既に半年、このまま放浪して海外まで行きたいのだとか。「羨ましいなぁ。それが選択肢として出来ることならやるべきって話だよね。いいなぁ~。インスタとかやってますか?」と尋ねると『いいえ、そうしたこととは距離をおき、むしろ携帯もそろそろ手放そうかと』ときたものだからオジサンスイッチ入っちゃって、「俺が若い頃、アジアを旅したときには携帯どころかインターネットもメールアドレスを持っている一部の人がネットカフェで使うかどうか。ロンリー・プラネットととか、地球の歩き方を片手に辿り着いた宿で出会う旅人との情報交換で新たな目的地を決めていたんだよね。それが最近じゃぁインスタでライブ配信しながらサブスクで集金つつの世界一周の旅。いや、それが悪いとは思っていないけど、時代は変わったよね。」お釣り間違えちゃうくらい熱くなり過ぎたなぁという雰囲気のところで、なんとも潔く爽やかに好青年はロースタリーを去ってゆく。「ありがとう!気を付けて!」と声を掛けてから、見送りたい気持ちで外に出ると、年代物の自分で塗装したと思われるバン。いいねぇ~ふと、そのバンの屋根に載っているものに目が留まる。どこかで見たような四角いアンテナ。「このアンテナはなんですか?」と聞くと、『衛星で船の上でもインターネットできるんです。』Costcoで見たスターリンクだぜ。めっちゃハイテク。使っている人に初めて会ったよ。オジサンのノスタルジーがどうあれ時代は着実に変わってる。 良い旅を。いつかまた会えたらいいな。